【けんじとあかり】動画の撮影機材まとめ

夫婦でYouTubeに動画投稿をしているけんじとあかりです。

「YouTubeで動画を始めたいけど、撮影機材はどんなものがいいの?」

「音声が綺麗だけど、マイクは何を使っている?」

ありがたいことに、こんな質問をコメントやDMでよくいただくようになりました!

そこで今回の記事では、私たちが実際に使っているカメラや周辺機器をご紹介します。

この記事で分かること
  • けんじとあかりが実際に使っているカメラ
  • カメラを使用する際におすすめのサービス
  • 初心者でも扱いやすい撮影機材

おすすめのサービスについても紹介しているので、是非最後までご覧いただけると嬉しいです!

【参考】けんじとあかりの最新動画
目次

撮影機材を購入する前に

実際に私たちの撮影機材を紹介する前に、おすすめのサービスについて触れておきます!

おすすめサービス①携行品損害保険

カメラや周辺機器は高価なものが多いので、携行品損害保険に入ることを強くおすすめします!

どれだけ気をつけていても、盗難・破損などの偶然な事故で壊れてしまったり、修理が必要になることも。。

けんじ

実際に私たちも三脚が倒れてしまい
カメラのレンズに傷が入り、
修理が必要になったことがありました。

あかり

修理の見積もりはなんと2万円!!
でも、保険に入っていたので
3,000円で修理することができました。

私たちは楽天会員なら誰でも加入できる保険を利用しています!

実体験もあり、携行品損害保険の加入はかなりおすすめです。


おすすめサービス②レンタル

もう一つおすすめのサービスはレンタル

カメラだけでなく、ドローンやアクションカメラ、レンズや三脚を借りることもできます。

  • 購入するまでもないけど、ドローンを使った撮影がしてみたい
  • 海外旅行に行くからアクションカメラを数日だけ使いたい!
  • 新しいカメラを色々試してから購入したい

こんな時にはレンタルサービスの利用がおすすめです!

あかり

私たちは機材を点検・修理するタイミングで利用することも。

【けんじとあかり】使用している撮影機材

ここからは実際に使用している撮影機材を紹介します!

私たちは撮影状況に合わせて複数台のカメラを使用しています。

メインカメラ:SONY α6400

一番メインで使用しているカメラは、SONYのα6400です。

YouTubeに公開している私たちの動画は、9割以上このカメラで撮影しています!

私たちがYouTubeを始める際に、一番最初に購入したメインカメラ。
他のカメラとも比較し、かなり悩んだ末、このα6400にたどり着きました!

YouTubeやVlog撮影に人気のモデルで、SONYも動画用ミラーレスとして売り出しています。

このカメラはとにかくコスパ最高!!
軽くて画質の良いカメラなので、Vlog撮影に適しています。

動画も写真も撮りたい!
旅で持ち歩くから重いのは嫌!

そんな私たちのような方、初めてVlogやYouTubeを始める方には本当におすすめのカメラです。

・軽くてコンパクト
・モニターが動かせるので、自撮りの際も画角の確認ができる!
・ボディ内に手ブレ補正がない

ちなみに、後から発売されたα6600には手ブレ補正機能が追加されています。

しかし、一般的にSONYの手ブレ補正機能はあまり優れていないと言われています…。

アクションカメラの方が手ブレにはよっぽど強いので、個人的には

メインは高コスパのα6400+歩きながら撮影する際はアクションカメラ

このような使い方がおすすめです!

レンズ:SIGMA 16mm F1.4 DC DN

使用しているレンズはSIGMA 16mm F1.4 DC DNです。

メインカメラのα6400とすごく相性が良く、人気の組み合わせです。

単焦点レンズでとても明るく、背景がぼやけたような映像が撮影できます。
純正レンズと違い手ブレ補正はありません。

広角で自撮り撮影がとてもしやすいので、個人的には純正レンズよりおすすめです。

マイク:SONY ショットガンマイクロフォン ECM-B1M ILCE-1対応

マイクはSONYの純正マイクを使用しています!

※2021年10月現在 品薄のため市場価格が高騰しています。

とにかく高機能な純正マイクです。

音質はもちろん、コンパクトでケーブルなしで接続できる点が気に入っています!

以前は外部マイクを使用していたのですが、イヤホンジャックを挿し忘れて音声が取れていない、なんてことも。。

毎回きちんとチェックすればいい話なんですが意外と忘れがち。

デメリットは自撮りの際にモニターがマイクで隠れてしまうこと。

全く見えないわけじゃないけど…
けんじ

SONYさん、なんとかして〜。。

サブカメラ①:GoPro HERO9

GoProは言わずと知れたアクションカメラ!

私たちは運転中の風景映像や、アクティビティの際に使用しています。

手ブレ補正機能が優れているので、適当に持って歩きながら撮影しても本当に綺麗!

HERO9は両面にモニターがついているので、画角を確認しながら撮影できるところも◎。

・防水性能があり、水中の撮影が出来る
・手ブレ補正に優れている
・純正マウントが多く、バイクやサーフボードにつける事も可能!

サブカメラ②:Insta360 ONE X2

Insta360 ONE X2は商品提供いただいたのですが、実は以前から目をつけていた360度カメラ!

ドローンの飛ばせない場所でも周辺の雰囲気を広く撮影できます。

純正の自撮り棒が映像上では消えるんです!すごいですよね!

気軽に2人で歩いている映像を撮影できるので重宝しています。

こんな感じの映像が撮影できます

ドローン:DJI Mavic Mini

ドローンはDJI Mavic Miniを使用しています。

上空からの撮影でダイナミックな映像や、地形をしっかり映し出すことが出来ます。

旅の途中で導入しましたが、綺麗な風景をしっかり残すことが出来るので、本当に購入して良かったです!

尚、ドローンは使用できる場所に制限があります。

空港の近くや自衛隊施設はもちろん、施設によって独自に禁止している場合もあります。

私たちのドローンは航空法の適用にはならない200g以下のものですが、事前にフライトマップや施設に確認し、必要な場合は許可を取ってから撮影しています。

法律違反になる可能性もありますので、十分注意して撮影する必要があります。

まとめ

今回は私たちが使用している撮影機材についてご紹介しました!

紹介した機材やサービスは全て実際に使用しているものなので、自信を持っておすすめできます。

スマホ一台でも動画撮影は可能な時代ですが、こだわりの映像を残したい方の参考になれば嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございます♪

\この記事をシェア/ 

この記事を書いた人

大阪出身のアウトドア好きな夫婦。DIYした軽バンで車中泊とキャンプをしながら日本一周中。実体験をもとに、キャンプや車中泊旅に役立つ情報をSNSやYouTubeで発信しています。

目次
閉じる