【勝浦漁港】無人販売所で生まぐろ!?実際に訪れた3軒を紹介します!

日本一周中の夫婦キャンパー、けんじとあかりです!
私たちはDIYした軽バンで2021年4月〜車中泊とキャンプをしながら日本一周をしています。

今回は私たちの訪れた和歌山県那智勝浦町のおすすめスポットをご紹介します。

目次

生まぐろの無人販売

この記事でお伝えするのは、無人販売所
無人販売と言うと、野菜や果物のイメージがありませんか?

世界遺産、熊野那智大社の近くには、ちょっと変わった無人販売所があります。

それはなんと・・・生まぐろ

生まぐろというのは、お刺身のような「加熱していないマグロ」のことではなく、
一度も凍らせていないマグロ」のことです。
私たちが普段スーパーで見かけるマグロは、流通の際に一度冷凍されています。
冷凍されたマグロにはないもちもちとした食感が生まぐろの特徴です!

マグロの無人販売があるなんて、びっくりですよね!
実際私たちも、インスタグラムのフォロワーさんに教えていただいて初めて知りました。

和歌山の勝浦漁港は、延縄(はえなわ)漁法で生鮮マグロの水揚げ量日本一なんです!

地元の商店の方が、もっと気軽に新鮮な生マグロを味わってもらうために、無人販売をはじめたんだとか。

現在では無人販売所が10軒程あるそうです。

私たちが実際に訪れた、勝浦漁港付近の無人販売所を3軒ご紹介します。
那智勝浦に訪れた際はぜひ行ってみて下さい♪

【木下水産物〜生まぐろセルフ販売所〜】

生まぐろの仲卸業を営む木下水産物さんが手がけるセルフ販売所!

建物のかわいいイラストが目印です。

明るい雰囲気で、初めてでも入りやすいです。

タタキ生ハムもあり、種類が豊富!

朝一番に行ったので、たくさん種類がありました。

冷凍品のカツや漬けも用意されています。

料金はポストへ!

インターホンがあるので、お釣りや量り売りなどにも対応していただけます!

・種類が豊富!
・氷が用意されていたり、表示も分かりやすくて良心的なお店!

■木下水産物株式会社 〜生まぐろセルフ販売所〜

所在地:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地8丁目6−5
電話番号:0735-52-0071
営業時間:9:00〜15:30
定休日:火·土·祝祭日の前日
駐車場:5台

【水産トバヤマ】

商店街の中にあります。

午前中の早い時間に訪れたのですが、既に商品がかなり少なくなっていました!

紀伊勝浦駅から最も近く、アクセスしやすいこともあり人気のようです。

他では見かけなかった、まぐろのフライ(200円)がありました!

冷凍品ではないので、買ってすぐに食べられます♪

・紀伊勝浦駅から近く、アクセス抜群!
・まぐろフライ(惣菜)がある!

■水産トバヤマ

所在地:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地5丁目2−9
電話番号:0735-52-5450
営業時間:9:30〜
定休日:なし
駐車場:なし(近隣に市場の駐車場あり)

【中秀】

生まぐろの無人販売の先がけのお店です!

全ての商品が200円!

マグロのサクも200円ですごくお買い得です!!

一般的にカットしていないサクのほうが劣化しにくいと言われいるので、持ち帰りにもいいですね♪

・生まぐろ無人販売所の元祖!
・サクも200円でお買い得!

■中秀

所在地:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字朝日1丁目173−3
電話番号:0735-52-3777
営業時間:9:00〜17:00
定休日:なし
駐車場:3台

まとめ

私たちは購入した生まぐろをどんぶりにしていただきました!

豪華な車内飯に!

とても新鮮でもちもち・・・!
生マグロならではの食感で、とても美味しくいただきました。

お刺身3パックとまぐろフライで、なんと800円!

あかり
あかり

美味しいのに安くて最高♪

けんじ
けんじ

那智勝浦にきたら絶対行くべき!!

今回紹介したお店は3軒ともリーズナブルで、美味しい生まぐろを気軽に購入することができます。

訪れる際は、商品が充実している午前中に行くことをおすすめします!

勝浦漁港周辺には、他にも無人販売所があります。(紀州勝浦 生マグロマップ

是非お気に入りのお店を見つけてくださいね♪

\この記事をシェア/ 
目次
閉じる